Search
Submit
Cancel
言語バージョン
1
1
あなたの現在地:
ホーム
/
黄酒の故事

黄酒の故事

投醪師団

投醪師団

紀元前492年、越国が呉に敗れると、越王句践は妻を連れて奴隷として呉に行く屈辱を味わった。勾践は越国に帰って、奮発して雪辱を果たし、政治を修明しようと決心した。臣民は一心に風をあげて帆を鼓し、彼の復国を助けて呉を滅ぼし、投醪労師、壺酒興邦の佳話を残した。「呂氏春秋・順民篇」には、越王句践が師を出して呉を伐したとき、郷里の人が彼に酒をすすめ、彼は河の上流に酒を注ぎ、将士とともに流を迎えて飲んだので、軍民は感奮し、戦気百倍になって、ついに呉に勝って恥辱を雪辱したとある。「投醪河」と呼ばれたその川は、今も古城の紹興に流れている……
2021-07-12
曲水りゅうしょう

曲水りゅうしょう

      昔の人は毎年三月の三日に、災いを祓い凶を祓うために水辺に游びに行って禊ぎをするといいます。東晋の永和九年(353年)3月3日、大書家の王羲之と当時の名士謝安・孫綽・許詢・支遁ら42人がここで禊をし、一風変わった詩を詠んだ。一群の文人雅士は、険しい山々の中に身を置き、曲水の両側に列坐し、酒觴(杯)を清流の中に置き、誰かの前にとまれば、誰かは即興で詩を与え、さもなくば酒を罰する。それによると、この時の会に参加した42人のうち、11人にはそれぞれ二首ずつ、15人にはそれぞれ一首ずつ詩を与え、16人には句を拾わず、それぞれ酒三觴を罰したという。王羲之は37首の詩を集めて集を作り、酒に酔って324字の序文を書いた。これは有名な『兰亭集序』である。王羲之は以後、何度も『蘭亭集序』を書いたが、もとの境地に達していないという伝説があるのは、芸術的逸品が天人合一の下につくられる必要があることを示しているだけでなく、酒の神力と作用をも示している。
2021-07-12
雪夜訪戴

雪夜訪戴

王徽之は、王羲之の五男。東晋のとき、士人は縦酒放達を尊んだが、王徽之もそうであった。そのため、やがて官をすてて山陰へ退隠した。ある日、雪が降った夜、目を覚まして、家の者に酒を飲ませるためにドアを開けさせた。酒を飲みながら、遠くを見ていると、一面が白く、「四望の皎然」。「彷徨を起して」と、左思「招隠」を詠みながら、ふと当世の名賢、戴逵を想った。せっぱつまったのは戴安道で、『晋書』には「博学を少なく語り、文に属し、琴を操り、書画を描き、その他巧芸は靡かず」と言い、「性は当世を楽しむことなく、常に琴の書をもって自ら遊ぼうとする」と言い、「後には剡県(今の県)に住む」と皮肉っていた。山陰、剡県を隔てて、溯江100余里。王徽之は、夜舟に乗って、一日たって、せっぱつまった家に着いた。が、その時、彼は急に立ち止まった。ドアの中に入るどころか、引き返した。せっかくはるばる訪ねてきたのに、なぜ門の前まで帰ってこないのか、とたずねられた。「酒盛りに乗って来たのだが、酒盛りが尽きた今、わざわざせっぱつまっているのではないか」と平然と言った。千秋が伝えた「雪夜訪戴」の物語である。
2021-07-12
沈園けいしゅ

沈園けいしゅ

紹興二十五年春(1155年)、31歳の陸游が沈園に遊びに来たとき、ここで前妻の唐琓に会った。婿の趙士程を得て、琓は陸についで酒をすすんだ。斯情斯景,陸游万感交集。十数年前、陸游は20歳の従妹の唐琓と結婚して、とても仲がよくて、しかし唐琓はずっと姑の歓心を得られなくて、最終的に二人は離れ離れになった。しかして今沈園は巡り合い、唐琓はすでに別に嫁いだのだが、陸游もまた別に嫁いだのだが、ちょうど唐の言葉の中の所云のごとく、「人は各に成り、今は昨に非ず。」陸游は景生情に触れて、感無量で、壁に触れて千古の名をとどめる『钗頭鳳』を書きました。紅酥の手、黄滕の酒、満城の春色宮墻の柳。東風悪、歓情薄。一杯の憂愁、数年の離縁。ち、ち、ち!春は昔のごとし、人は空やせ、涙の跡は赤くなります。桃の花散る閑池閣。山盟在りといえども、錦の書は頼み難い。な、な、な!黄酒の黄、唐の紅潤の手、柳の緑、この三種類の色は春の情趣がよくて、生気は無限を体現して、しかし歓楽の冒頭に続くのは怨み悲苦の情で、コントラストは強くて、人を感働させて、この詞を千古の絶唱にさせます。今沈園はすでに人々の陸游と唐琓の勝利の名所になった。
2021-07-12
酒を世に問う

酒を世に問う

鲁迅先生は紹興に生まれて、紹興酒に対して特別な感情を持っていて、酒を好きではないが、よく酒を飲んだり、友達になったりして、酒を世に知らしめている。あるいは手酌で飲んで心をなごませる。 魯迅は一九一〇年に紹興府中学堂で学監となり、授業の合間に泰生酒店で酒を飲んでいた。川に面したホテルには、自前のタープ船が用意され、船室には多種の鮮魚が飼われている。雅室で窓を開けて見下ろせば、ブリ、コイ、サバの種類がよく見え、何か食べれば獲り、何かを炊いて食卓に上る。当時魯迅が好んで食べていた川鮮は鮒の蒸し蒸しであった。友人を招待する時,彼はいつもこの料理を注文する。もちろん魯迅先生もときには干物、味噌鴨、粕鶏佐酒をもっていた。一九一二年に魯迅の親友であった許寿裳はわざわざこのホテルの干物、味噌鴨、粕鶏などの佐酒物を買ってくれるよう頼んだ。魯迅はこれに大いに感動した。 魯迅の有名な小詩に「自嘲」というものがある。「運交華蓋(運交華蓋)は何を求めようとしているのか。ぼろ帽子は顔を隠して繁華街を通り過ぎ,船は酒を積んで中流に流れる。顔を横にして千夫指にむかって,首を孺子牛にむける。小楼の中に入って一統になって、彼の冬夏と春秋を管理します。詩の後には、「達夫は飯を楽しみ、暇人は油を汲み、半連を盗み、一律に集めて、アッコ先生に教えてもらう。」と題する。もともと、1932年10月5日、郁達夫は冗談で彼に「ここ数日、あなたは苦労したでしょう?」と言った。魯迅は笑いながら、「昨日、こんなことを言っていた。まともな文が見つからない」と話した。達夫は「君の華蓋運はまだ抜けていないようだね!」と言った。魯迅は喜んで「君にそう言ってくれたら,私はまた2句もらった,小さな詩にできるよ!」と言った。 鲁迅先生は多くの飲酒詩と文があり、特に「魏晋の風格と文章と薬と酒の関系」という一文は、魏晋の時期の竹林の七賢について、酒が文人の創作と心理の上で果たした役割を述べて、そして酒の功徳を論じて、しかも時は鋭さを露にして、古で今を論じて、時の弊を批判して、木に入って三分する。魯迅の小説に至っては、十中八九酒について書かれている。今繁盛している咸亨酒店はすべて魯迅先生の大作のおかげと言ってもいい。もちろん咸亨酒店は魯迅の小説に人物活動の重要な環境を提供しており、魯迅の孔乙己は隣人の酒飲み文人「孟夫子」に取材している。また。「狂人日記」、「阿Q正伝」、「酒楼にて」、「故郷」、「祝福」などの魯迅の作品は、酒をもって人を書き、人をもって酒を書き、紹酒の香りを漂わせている。
2021-07-12
毎飯必ず酒を飲む

毎飯必ず酒を飲む

近代の著名な教育者蔡元培先生は紹興に生まれ育ち、紹興酒をこよなく愛した。 彼の親友の回想によると、彼は地方で数十年働いていたが、幼い頃から故郷で身につけた生活習慣と趣味を維持していたという。彼は紹興酒が好きで,食事は必ず飲む。毎年彼は友人に頼んで紹興から数壇の酒を買って運び、自宅での自飲やおごりを用意していた。紹興酒以外にも、蔡元培のつまみは乾物、黴千枚など紹興特産のものが多かった。正月になると、友人に頼んで、鴨の味噌、鶏の粕、干物などの紹興の正月用品を郵送した。いつもの徳利も、紹興から持っていった錫製の徳利で、中は丸く外側は丸く、寒いときにはお湯を入れて燗をつけていた。 蔡元培は大学の学生で、性格は穏やかで、おっとりしていた。彼はいつも人に対して謙遜し、酒を飲むときには酒の礼を重んじ、老若男女を問わず酒をすすめられたら、必ず盃をあげた。ある時、彼の学生の一人が蔡元培を連れて寧波に行き、象山の黄公aoという友人の家に住んでいた。史家のおもてなしは親切で、主人は蔡元培が酒がいいことを知っていて、中夕食に酒を供えるほか、朝食にも豊富な酒肴が用意されている。この学生もお酒は好きですが、朝酒を飲む習慣がなく、食卓の上に杯を伏せて、自分は朝酒を飲まないことを示しています。後になって蔡元培が、これはよくない、酒の席での礼儀に合わないと言った。主人が一杯を注いで飲まないから、そこに置いておけば、朝酒を飲まないから無理はしないということがわかるが、コップを逆さにするのは主人に対する敬意が足りない。この学生はこれに触発されて、これから酒をすすめられるたびに、蔡元培(チェ・ウォンベ)先生のように礼儀を重んじ、謙虚に返事をするようになった。
2021-07-12
前ページへ
1
大越紹興酒

紹興酒原産地地理表示使用単位
国家級無形文化遺産紹興黄酒の伝統的醸造技術
紹興老舗
HACCP食品安全システム認証
中華人民共和国の紹興酒輸出企業

中華人民共和国の地理的表示

友情リンク:ヨンチャンウォン

浙江大越紹興酒有限公司版権所有    浙ICP備2021021830号-1     網站建設:中企働力 紹興

連絡先

販売(カスタマイズ)ホットライン:

住所:浙江省紹興市越城区新三江水門の西側
電話::
(0575)85209988 / (0575)85641387
携帯電話:15905756678
ファクス:(0575)85109902

タオバオ店舗

タオバオ店舗

公衆番号のqrコード

公衆番号のqrコード

浙江大越绍兴酒有限公司  版权所有  浙ICP备12345678号     网站建设:中企动力 绍兴